ストレスで手遅れになる前にメンタルクリニック|善は急げです

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイミングと選び方

女性

こんな兆候があったら

メンタルクリニックは、一般的には精神科や心療内科のことを指します。うつ病を中心に、さまざまな精神疾患に対応する医療機関です。精神疾患は外傷と違い、受診すべきタイミングがわかりにくい特徴があります。そこで、メンタルクリニックに通うべきタイミングの判断基準を把握しておきましょう。大きく3つのポイントが挙げられます。まずは、本人がその症状を自覚していることです。これは、治療する意思にもつながってくる要素となります。「もし、その症状が出たらどうしよう」といった心情を本人が抱いていることが、受診のきっかけとなります。続いては、2週間以上、その症状が続いていることです。これは、うつ病の定義にも関わってきます。人間の感情は、起伏があるものです。何かをきっかけに、大きく落ち込むことはありますが、2週間もすれば少なくとも改善の兆しは見えるものです。この兆しが見えない場合は、受診を考えてみましょう。最後に、生活への影響があることです。以前出来ていたことができなくなったという場合は、要注意です。出勤できない、ひきこもりがち、何も手につかないという場合は、メンタルクリニックの受診が必要となります。これらの症状全てに当てはまるようでしたら、ぜひメンタルクリニックへ受診してください。仮に問題がなかった場合でも、安心感を手にすることができます。

医療機関選びのポイント

では、メンタルクリニックを選ぶ際の基準について認識しておきましょう。精神疾患の特徴を考えると、通いやすさと医師との相性は、ぜひともチェックしておきたいところです。まずは、通いやすさについて深くチェックしていきましょう。この点、できるだけ自宅から近いことが望ましくなります。症状によっては、電車での通院は避けたほうが良い場合もあります。また、本当に辛くなった時のことを考えると、遅くとも1時間以内には到着したいところです。加えて、時間的な通いやすさも重要となります。近年では、夜間や休日診療を行うクリニックが増えていますから、場合によっては、これらを選択肢としましょう。続いて、医療スタッフとの相性で最も重要なのは、担当医師が話を聞いてくれるかどうかです。なぜなら、精神疾患には理由があり、その話を聞いてもらうだけでも、心理的に楽になれるからです。初診でしっかり話を聞いてもらえた場合は、その後の治療もスムーズに運ぶ可能性が高くなります。余裕があれば、看護師や事務員、院内の雰囲気などもチェックしておくと良いでしょう。しっかりと治療を行うために、この2つの点は、ぜひ覚えておきたいところです。メンタルクリニック選びの判断基準としてみてください。