ストレスで手遅れになる前にメンタルクリニック|善は急げです

このエントリーをはてなブックマークに追加

心理的な症状も緩和

カウンセリング

再発を防ぐことがポイント

メンタルクリニックでは劇的に効果を発揮する治療法ではなく、少しずつ効果が現れる治療を提案しています。専門医が携わるだけではなく、本人自らも完治に向けた取り組みが再発を防ぐ結果に繋がっているため、できそうなことから試す治療が展開されています。例えば、生活面や食事面でのバランスが1つでも良くなることで治療の効果が上がりやすくなります。焦らずに付き合う気持ちでの取り組みをメンタルクリニックでは提案しており、再発しやすい病気の予防に繋がっています。また、一般心理療法を続けていくだけで症状が軽くなるケースもありますが、家族などに働きかけて心身の負担をできる限り減らすように調整してもらうため、家族を交えた療法も提案するケースも挙げられています。さらにメンタルクリニックでは、抗うつ薬や不安薬などの薬の処方も提案しますが、依存性が問題視されています。しかしながら、専門の医師は症状を見て、もっとも適切であろうと判断した薬を効果と副作用をはかりにかけ、メリットになるように処方してくれるために依存性が少ないのも知っておきたい内容です。

マニュアルがない治療

通常、うつ病や認知症などの精神的なことが関わる症状を診る精神科と、うつ病などから引き起こる体に現れる症状を診る心療内科は分けられた診療科目ですが、近年、メンタルクリニックとして統合した診療が展開されています。問診や視診などが一般的な診察で、不安や緊張症状、抑うつ症状などがないかどうか、心理面での観察が主に行われています。メンタルクリニックは一般内科や外科などと異なり、秘密は厳守されますがプライバシーに関わる質問も行うのが特徴で、仕事や勉強について、人間関係、家庭での悩み事や心配事なども病名を付けるために質問する場合もあります。普段の生活の様子が診断の参考にもなるため、可能な限り、初診で足を運ぶ前には生活記録をつけておくことで問診時のメモとして役立てることができます。メンタルクリニックでは様々な要素が絡むために、治療の進め方や目標の設定の仕方には一定のマニュアルといったものを設けていないのも特徴です。症状の程度や困っている内容も様々であるため、当面困っていることから優先的に治療が提案されるのもポイントです。例えば、薬物療法と心理療法をどのように取り入れるかという場合も、1人1人の状況によって優先順位を変えて緩和させてくれます。