ストレスで手遅れになる前にメンタルクリニック|善は急げです

このエントリーをはてなブックマークに追加

こころの病気になったら

悩む男性

早めに治療する

近年はうつ病やパニック障害などのこころの病気と言われるものに対して理解されることが多くなってきました。ひと昔前まではうつ病やパニック障害などの症状があると、こころが弱いからなってしまうと言われることがありましたが、現在ではそのように言うことの方が失礼でおかしいと言われています。そして、うつ病やパニック障害などの治療を専門に扱う、心療内科や精神科、メンタルクリニックの病院が多くなり受診する事に対して敷居が低くなってきています。敷居が低くなってきているとは言っても、初めてこのような病院を受診する場合は戸惑うことも多くあります。このような症状で受診するのはだめなのではないかと深く考え、受診することを戸惑っているうちに症状がさらに悪化してしまうことも多くあります。熱が出たり大量に出血があった場合は早めに病院を受診し治療を行った方が良いというのは知られています。それと同じようにうつ病やパニック障害でも早めに病院を受診し早めに治療することが、症状を悪化させないためにはとても重要なことです。

それぞれの科の特徴

うつ病やパニック障害などのこころの病気で病院を受診する時に自分がどこの病院を受診したらよいのか悩むことは多くあります。病院には心療内科や精神科、メンタルクリニックなどの診療科があります。心療内科は主に精神的な問題が原因で起こる体の症状に対して治療を行います。体に痛みを感じる部分があり病院で検査をしても原因が見つからずストレスによるものが原因と考えられる時に心療内科を勧められることが多くあります。精神科は精神疾患に対して治療を行います。うつや不眠、幻覚、幻聴、イライラなどの症状に対して治療を行います。そして、メンタルクリニックは心療内科や精神科の分野を扱うという意味を持つ総称です。開業している医師によって得意な分野というのはありますが、どちらの症状でも診察を行います。また心療内科や精神科とあると敷居を高く感じる方が多くいるため、メンタルクリニックとして敷居を低く感じるようにしている部分もあります。だからメンタルクリニックとある場合はあまり細かいことを気にする事なく受診する事が可能になります。